めまいは自律神経を整えることで解消する

めまいでお困りのあなたに伝えたい。突然襲ってくるめまいの恐怖で外出することこともためらうようになっていませんか。

めまいを起こす原因がわからず、病院で診察してもらっても原因不明。薬をもらって飲んでいるが心配で不安なあなた。今回は自律神経を整えることで、めまいが解消されるお話をお伝えします。簡単な方法でめまいの予防もできます。

1.なぜ自律神経を整えるとめまいが解消するのか

めまいの症状には「目が回るようなめまい」「ふわふわするようなめまい」「吐き気を催すようなめまい」と、人によって感じ方が様々あります。

その中でも最も多いのは「目が回り、頭が回転しているようなで、体がグラグラするように感じるめまい」ではないでしょうか。メニエール病が有名ですね。

めまいの原因となる3つの身体の器官として

➀ 耳の中の器官が原因の場合

➁ 脳の中の器官が原因の場合

➂ 高齢化や血圧が原因と思われる場合

この中で➀と➂の方のめまい対策をお伝えします。いずれも自律神経を整えることでめまいが解消していきます。

➁の脳の器官が原因で起こるめまいに関しては、医師の診断を受けることをお勧めします。

1-1.自律神経が乱れるとめまいが起こる

めまいは自律神経が乱れることによって起こる、様々な不調の中の代表的な症状の一つです。

睡眠不足、働き過ぎによる過労、将来に対する不安、物事が思い通りにいかないイライラ、家族や仕事のストレスなど自律神経を乱す出来事は日常生活に溢れています。

自覚症状がないものも多いですから、自分の体調不良に気が付かず突然襲うめまいに「何が起こったの?地震かしら?!」「なぜか目が回る?」と、初めはめまいだと気が付かない人もいますがビックリしますよね。

めまいの経験がある人は、「あ~また始まったかあ」と暗い気持ちになります。初めての経験の時には、大変な病気になったのかとパニックになることでしょう。

1-2.自律神経が整うとめまいの恐怖がなくなる

めまいを何度も経験している方は、放っておけばそのうち治まると考えます。

それは、自律神経が整うことでめまいが解消されるからなんです。多くの場合めまいは、数十秒から2、3分で治まります。ですが、大きな病気が隠れている危険もあるので注意が必要です。

2.めまいが起きる原因とチェックポイント

めまい初体験のあなたに。まずは、めまいの正体を知ることから始めましょう。

2-1.めまいは体のバランスを保つ平衡感覚器官に障害が起こっている状態

平衡感覚を支えているものは大きく分けて3つ

➀ 内耳の中の三半規管、耳石器

➁ 内耳の中の前庭神経

➂ 脳の中脳幹、視床、大脳

この中で最も問題になるのが三半規管です。人間の動きを3次元に支えています。ここが不調になると当然めまいを起こすことはあなたも想像がつくと思います。

ここであまり詳しく人体の話をする時間はありませんので先に進みます。

2-2.めまいの原因

めまいの症状で多いのはメニエール病と良性発作性頭位めまい症、それに起立性低血圧によるめまいでしょう。

めまいを引き起こす原因として考えられるものは

・働き過ぎで身体が疲れているのに無理をした

・睡眠不足で体調が悪くなっているのに休めない

・ストレスなどで神経が過敏になりイライラが続いた

・ホルモンのバランスの乱れがある

・血圧が安定していない。高血圧症、糖尿病などがある

・以前に飲んだ薬の副作用が原因で起こることもあります

どれか当てはまるものがありますか?

めまいが治まったとしても、原因をそのままにしていたらめまいの再発があります。

2-3.めまいを起こした時のチェックポイント

1.話しかけてもらって:聞こえずずらくないか

2.目を閉じて30秒間足踏みをする:ぐらつかないか

3.目の前の動くものを追ってみて:瞳が揺れていないか

4.目を閉じて片足立ちで30秒:ぐらつかないか

パートナーにチェックしてもらってください。問題なければ次に進みましょう。

3.今すぐできる平衡感覚を正常にする簡単な方法

めまいが酷い時には、やらないでください。

3-1.後ろ向きに歩く

平衡感覚を鍛える一番簡単な方法です。転ばないように広い場所で行ってください。

3-2.起き上がり練習

めまいが治まっていれば、布団の上などで”でんぐり返し”をします。前転・後転をゆっくりしましょう。

もう一つは寝た状態から、頭を前後左右斜めに傾けた態勢でゆっくり起き上がる練習です。気分が悪くなるようでしたら無理をせずできる範囲やりましょう。

3-3.日常生活で気を付けること

この涅槃像のポーズしていませんか。テレビを見ながら人と話したり、雑誌を読んだりする時にこの格好してる人いますよね。この姿勢は首に大変負担がかかり平衡感覚器官にも悪影響を及ぼしめまいの原因になりますのでやめましょう。

頭を急に動かすことはなるべく避けましょう。急に振り返ったり、頭を振ったり、天井を見上げる動きには注意してください。良性発作性頭位めまい症では、頭をある方向に傾けるとめまいが起こることがあります。この方向が分かっている人はこの方向に頭を傾けないことで予防できます。

血圧の急激な変化を起こすようなことはなるべく避けましょう。お酒の飲みすぎが原因でめまいが起こることがありますので、お酒の飲み過ぎに気をつけてください。

4.めまいを起こしやすいタイプの人

4-1.真面目な人

何事もちゃんとしない気が済まない性格の人が多いようです。自律神経が乱れている人というのは、冷え性であったり下痢・便秘がちの方、気分の波が激しいなどの特徴があります。あなたはいかがですか。

4-2.自然治癒力を活かした対処法

めまいが起きる動作が判る人は、敢えてめまいが起きる動作を繰り返すことによってめまいが解消します。例えば、頭を右斜め後方に傾けると”めまいがする”方は、その方向へそっと頭を傾けてみる。それを何度か繰り返すのです。

初めは怖いですが、繰り返すうちにめまいが起こらなくなることが実感できます。不思議なことですが人間には本来の正しい状態に戻ろうとする自然治癒力の力があるんです。めまいが酷いときには無理をせず行ってください。

自律神経を整える基本は歩くことです。お買い物や通勤での歩きは歩いたうちに含みません。ここでいう自律神経を整えるためのウォーキングとは、早足で40分以上休まず歩くことです。

歩くことで体内が活性化され身体のリズムが正常化します。めまいが治まったら、ぜひウォーキングしてみてください。

自律神経を整えてめまいが起きなくなれば、気分が楽になり自然治癒力も上がります。そうすればストレスもなくなりめまいの不安からも解消され健康で幸福な生活に戻れます。

4-3.整体的アプローチ

めまいが起きている瞬間というのは、首と肩が無意識のうちに硬直します。めまいを起こしている人の首筋はびっくりするほど緊張して強張っていますので優しくもみほぐしてください。くれぐれも強いマッサージはしないこと。

首と肩がほぐれてきたらゆっくり伸ばすイメージでストレッチしましょう。

5.まとめ

自律神経が整っている時は、自然治癒力も上がっていますのでストレスに出会っても軽く流せるものです。日頃から自律神経を整えておくことで、めまいが起こらない健康な身体を手に入れてください。