整体へ行く前にやってみると良い16のこと・・・その⑪

つらい痛みや症状を抱えているあなたのために、整体へ行く前にやってみると良い方法をお伝えします。

無意識に痛い肩や腰、頭が痛い時やお腹の調子が悪い時に、そこに手を当てませんか?それが「手当て」なんです。

身体の調子が悪い時、自然とそこへ手を当てますよね。何か意味があるのでしょうか?

実は、この「手当て」には物凄い力が秘められています。そっと手を当てていると手の温もりとは別に何かを感じる方もいると思います。

不思議な事ですが、ただ手を当てているだけで痛みが緩んだり、不快な症状が消えてしまった経験は誰でもあるんではないでしょうか。

手当ては、自分で自分の身体にやっても、他人にやって貰っても効果があります。

気功師の方が、手をかざして氣を出して治療をするのを見たことがある人もいるでしょう。でも、気功師でなくても、誰の身体にも氣は流れていますので、あなたの手から氣を出して自分の身体に当てて見てください。

肩が痛い時、揉んだり、叩いたり、擦ったりせずに、そっと触れる程度に手を当ててじっとしてみてください。

きっと良くなります!

痛みの緩和!

コリの解消!

不調和の修正!

痛みの原因発見!

血行改善!

手当ての効果を上げる、氣が出やすい手の作り方を簡単にお話します。
  1. 合掌するポーズです
  2. 両手を顔の前で三センチ位離して合わせる
  3. 自然に手がくっ付く
  4. 目を閉じて深く呼吸する
  5. 手の先で呼吸するイメージ
  6. 手に意識を集中する
  7. 手が温かくなったり、大きくなった様な感じを楽しむ

気持ちが落ち着いている時にでもやってみてください。続けていると色々な変化が生まれてくるでしょう。

やさしく、温かい手を持てれば他の人の痛みも解消してあげられるかもしれませんね。

仁整体院連絡先住所