整体へ行く前にやってみると良い16のこと・・・その⑨

つらい痛みや症状を抱えているあなたのために、整体へ行く前にやってみると良い方法をお伝えします。

「身体が曲がってる」と言われた事ありますか?身体の歪みをチェックしてください。

整体に通う方は腰痛や肩こり、不定愁訴などにお悩みです。こういった人達の身体をよく見ると身体に歪みがあります。

自分で気が付いている部分の他に、小さな歪みがあることが多いです。これらの身体の歪みを、その人の現在の状態に合わせて、優しく修整するのが無痛整体です。

身体の歪みをチェックして、自分で少しでも修整出来れば症状を抑えることが可能です。

身体の歪みチェック6つのポイント

  1. 壁に沿って立った状態で背中を付ける。
  2. 1.の状態で顔だけ右を向く。
  3. 同じく左を向く。
  4. 壁から離れ。両足の踵をつけて、両腕を真横に水平に上げ右足だけで片足立ち。
  5. 同じく左足だけで片足立ち。
  6. 足を肩幅に広げ、両腕は水平のまま右側にゆっくりねじる。戻して左側にゆっくりねじる。

この身体の歪みチェックは、動きが出来るかどうかは関係ありません。

他の誰かに正面から見て貰えるといいですが、一人の時は鏡を見ながらチェックします。

チェックするポイントは、左右の傾きがあるかどうかですが、大切なのはその傾きや違和感を自分が感じたかどうかです。

(1.の時)お尻、背中、後頭部を壁につけた時に感じる違和感。

(2.3.の時)顔を左右に動かした時の角度の違い。

(4.5.の時)片足時の身体のふらつき。左右の腕の上がり方の差。

(6.の時)上半身をひねった時の左右の違い。

これらの左右の違いは、健康な人でも誰にでもあります。

この歪みを無意識の内に健康な人は、自然治癒力を働かせ修整しているんですが、身体に痛みが起こる人は修整が出来ていないんです。

もし一連の動作をした時に痛みを感じたら、痛くない方向にゆっくり動かすことで修整されます。

notebook1

ノートを使って足の左右の長さの違いをチェックしてみましょう。このノートは30ページのタイプなので、厚さが3ミリ位です。

ノートを使わなくてもスリッパを片足だけ履いた状態でも出来ますが、高さの違いが大きく身体に歪みが出来る危険がありますので注意して下さいね。

notebook2

片足でノートを踏んでみます。たった3ミリ位の高さですが、1~2分も踏んでいるとスゴイ違和感を感じます。腰の辺りに痛みが出ることもあります。これが身体の歪みです。

整体をする時に、最初にチェックするのが足の左右の長さの違いです。小さな歪みでも身体に不調を起こしますので、仙骨修正で歪みを取って行きます。

身体の歪みが無くなると

    腰痛解消!

    肩こり解消!

    頭痛解消!

    ストレス解消!

    不定愁訴を解消!

仁整体院連絡先住所